女性泌尿器科

sptel.png

よくある疾患

※漢方薬の処方も行っております(保険適応)。ご相談ください。

膀胱炎

女性に多く年齢を問わず発生しますが、若い方に特に多くみられます。
女性の場合、外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。
通常は菌が入っても膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、ストレスや疲れ、体調不良(風邪を引いた後など)、冷え症、尿を我慢しすぎ、1日の尿量が少ないなどの各種要因が重なると免疫が弱まってしまうために細菌が膀胱内で繁殖しやすくなり膀胱炎を招きやすくなります。

急性膀胱炎は一度かかると何度も繰り返すといわれていますがしっかりと治療が行われればそのようなことはありません。
ただし、当然膀胱炎になりやすい要因があれば繰り返すことがあります。また、何度も繰り返す時はほかに病気が隠れていないか詳しい検査を行う必要があります。治療後は、尿検査では正常になっているのにも関わらず残尿感、違和感が残ることがあります。通常は飲水を多くして経過観察することで自然に良くなりますが、症状が強いような時は漢方薬による治療が効果的です。

頻尿、残尿感、下腹部の違和感といった症状があるにも関わらず、膀胱炎ではないことがあります。その場合は、腫瘍、結石、間質性膀胱炎、排尿障害などの膀胱炎以外の膀胱症状または、子宮筋腫、卵巣腫瘍、膣炎などの婦人科系疾患の場合があります。

また、便秘症、大腸の病気などの消化器系や冷え症など骨盤内の微少循環障害が原因のこともあります。いずれにしても、これらの症状が現れたら放置せずに泌尿器科で医師による検査と診断を受けることをお勧めします。

過活動膀胱

過活動膀胱は蓄尿(尿を溜める)という膀胱機能の障害です。膀胱が過敏になっていて過剰に反応して尿を出そうとするため、尿を溜めて我慢することが難しくなるのが原因です。若い方から年配の方まであり、年齢と共に多くなってきます。男女共に起こりますが、50歳以上では男性にやや多くなってきます。

よくみられる症状は、急に尿意をもよおして我慢できなくなる、または慌ててトイレに駆け込む等の尿意切迫感です。または、1日8回以上の頻尿症状も挙げられます。ほかにも、トイレに行っても尿はあまり出ない等の症状が聞かれることもあります。また、間に合わなくて漏れてしまうといった切迫性尿失禁と呼ばれる症状などもあります。

過活動膀胱の原因は、特発性といって原因不明であることが一番多いようです。
ストレスなど心因性のこともあるほか、加齢によって、膀胱が加齢と伴に伸展しなくなってくることによって起こることもあります。

男性の場合は、前立腺肥大症など前立腺疾患があると膀胱の反応が強くなることが知られています。過活動膀胱は、症状(尿意切迫感と頻尿)で判断しますが、これは過活動膀胱症状スコア(OABSS)と呼ばれる問診票を使ってセルフチェックすることができます。また、尿検査や残尿測定検査、超音波検査なども行います。これらはいずれも痛みや苦痛を伴わないため安心して受けていただくことができます。

治療は、セルフトレーニングである膀胱訓練のほか、薬物療法などを行います。
ただし、薬を服用しただけでは自然には治ることが少なく、自分でリハビリ(尿を我慢する練習)を続けることが大切です。頻尿で悩んでいる方は、直ぐに薬を使うのではなくまず泌尿器科で診察を受けて過活動膀胱なのか、ほかの病気なのか診断してもらうことをお勧めします。

頻尿

ーーー

尿失禁

ーーー

腎盂腎炎

ーーー

血尿・尿潜血

ーーー

神経因性膀胱

ーーー

膀胱がん

ーーー

TEL:042-548-8802